空気なんて読まない

書きたいことを 書きたいままに

宮木あや子著 あまいゆびさき

 

無性に女の子同士の恋愛小説が読みたくなって買いました。

 

 

 

表紙がキレイよね。

 

読後の感想を上手くまとめられないので箇条書きにします。

 

*女の子同士の恋愛っていいなぁ~と思った。

*精神的にも物理的にも、すれちがう2人が読んでて切ないけどワクワクする。

*〝本当の友達〟って、いつも一緒につるんでる人の事じゃないよね(納得)

*奥井くんは良い人。ユリカちゃんと結婚すればいいのに

 

実は前に、他の人が書いた同性同士の恋愛小説を読んだことがあるんですが、本の内容が全く入ってこず。

 

だって、知り合ってすぐに惹かれ合ってベットインって早すぎない?

カップルに感情移入できないよ!!!

 

期待して読んでガッカリしたのですが、この「あまいゆびさき」は、主人公の2人の女の子の幼少期から大学生になるまでを、順を追って話が進んでいくので読みやすく、ストーリーにぐいぐい引き込まれていきました。

 

最後の方は一気に読んでしまった。

 

異性愛者の方も、ぜひ読んでみてください。