空気なんて読まない

書きたいことを 書きたいままに

さくらの季節

 

 

仕事を終えて外に出ると、これまで冷たく張りつめていた空気が、ふんわり優しく感じられて、もう春なんだと実感します。

 

春になると、さくらが見たくなります。

 

 

カードキャプターさくら(1) (なかよしコミックス)

カードキャプターさくら(1) (なかよしコミックス)

 

 

 

カードキャプターさくら

 

 

私だけかしら。

 

主人公の名前が「さくら」だし、本の表紙もピンクで春らしいですよね。

 

さくらは、私が小学3年生くらいの時にアニメがやっていたのですが、当時の私は、

 

魔法少女モノ=子供っぽい

 

と思っていて、全く興味を持っていなかったんです。

そういうのは、保育園の時に見たセーラームーン(アニメ)で卒業したと。

 

なので、マンガを読んだのは成人してからなんです。

 

私は基本的にマンガは電子書籍で買うことにしているんですが、いつも買ってるサイトの「オススメのマンガコーナー」にさくらがあって、一回読んでみるかと思ったんですよ。

 

読んでみたら…

 

連載してたのが「なかよし」だし、子供っぽいのはあるけど、絵はキレイだし、キャラもみんなかわいい♡

 

特に知世ちゃん♡

 

お嬢様だけどイヤミじゃないし、おっとりしてて少し天然なところが可愛すぎる。

 

さくらのこと好きみたいだし、私としては小狼よりも知世ちゃんとくっついて欲しいと強く願っております。

 

で、小狼は雪兎とくっつけばいいじゃんね?

 

 

こういうこと考えてる私って、すっごくレズビ

 

 

さくら、恐るべし

 

カードキャプターさくら

実はまだ3巻までしか読んでないんですよ。

ラスト知らないの。

 

やっぱり「なかよし」の作品を20代で読むのはキツかった…

 

 

初めて読んだ時は、女の子が好きになる前で、さくらに想いを寄せる知世ちゃんに気付きつつもスルーしてしまっていたし、楽しさ半減。

 

上にある感想は、最近改めて読んだときのものです。

 

どうしてまた読み返そうと思ったかというと、このあいだ本屋に行ったら、さくらが平積みで置いてあったんですね。

 

どうやら新シリーズの「クリアカード編」が始まったからみたいですが。

 

それで懐かしいなーと。

 

それにしても、このマンガの連載が始まったのって21年前なんですよ。

 

記事を書くために調べててビックリしたわ。

 

20年以上経っても全く色あせない「カードキャプターさくら」恐るべし。

 

今度こそ、最後まで読むからね!

 
広告を非表示にする